To LOVEる-とらぶる- ダークネス プレミアムフィギュア“金色の闇”



To LOVEる-とらぶる- ダークネス プレミアムフィギュア“金色の闇”
の開封・紹介レビューです。

 

パッケージです。上段が表面と右側面、下段が裏面と左側面です。




箱から出した様子。
フィギュア自体がでかいので、大小のブリスターが合わさって梱包されていました。







ぐるりと撮影。
第一印象は、髪がオレンジ色に近いなということ。
次に、顔が少しリアル調だなということです。


顔まわり。正直、開ける前から顔が気になっていました。
ゲームセンターに飾られているフィギュアを見て
なんとなく闇っぽくない顔に見えたので。




結果的には許容範囲内でした。
角度によっては悪くないと思います。
そしてなにより、このフィギュアの良さはほかにあるので!




頭。ヤミヤミの特徴の1つ。
頭の黒い飾り。





このフィギュアの良いところの1つ。
髪の造形にこだわっているところです。





最大の特徴といえば、やっぱりトランス能力。
髪の毛を拳に変化させているところです。
校長の吹っ飛ばされているフィギュアも発売してほしい・・・(笑)


余すところなく造られています。




バトルドレス。胸元の星形もあります。




手でスカートを抑えるしぐさも表現されています。

かわいい。


このフィギュアの2つ目の良いところ。
マントの形にこだわっています。
単調でないところが評価高いですね。




脚。ベルトに締め付けられた脚の感じが半端ないです。


ブーツ。


近くに置いてあったプライズと比較してみました。
どれだけ大きいかがお分かりだろうか。
そもそも、SQ艦これの箱よりでかいという。



下の画像をクリックすると
↓↓360度ビュー可能なページへ飛びます↓↓


大きさがあり、フィギュアの動きもよいので
個人的には良いフィギュアだと思いました。
ただ、やはり人形は顔が1番に見られるので人によっては受け付けられないかもしれません。

ほかの造形は良く、独特なポージングなので汎用性は高そうです。

形がよいだけに、もったいないフィギュアでした。

総合評価 : ★★☆☆☆
デザイン :★★★★★
ディティール   :★★★☆☆
顔   :★☆☆☆☆(2)


 






プライズ一覧へ戻る



TOPへ戻る



To LOVEるに関連した記事はこちら