POP UP PARADE ゴブリンスレイヤー

POP UP PARADE ゴブリンスレイヤー


グッドスマイルカンパニーの新ブランド「POP UP PARADE」の第3弾。
「ゴブリンスレイヤー」よりゴブリンスレイヤーさんが登場。

公式サイトの写真を見る限りあまりにハイクオリティで、その上 \3,611+税という低~中価格帯だったので
前から気になっていたのですが、Amazonでショッピングしていたらおすすめ候補に出てきて、
ななななんと、3384円で販売していたので即ポチリました。

実際どの程度のクオリティなのか確認していきたいと思います。

ちなみに定価は、2019年9月中に買っていれば\3,900で、10月以降なら\3,972ですが、
どちらにせよ4000円を切っておりとても安いと思います。

メ-カー グッドスマイルカンパニー
原型 ジェーディーピー
作品名 ゴブリンスレイヤー
全高 約18cm


パッケージ package

透明なパッケージで、中が見えるタイプです。
フィギュア以外には極力コストをかけずに、低コスト化を図った努力を感じます。

一見すると安っぽくも見えますが、パッケージのまま飾る方にとっては
埃対策する必要がなくなってストレスフリーだと思います。

また、パッケージ裏面のみデザイン紙があるので
そのまま飾ってもそれなりに見栄えがあります。

ブリスター

ブリスターは一般的なもの。


プライズ系とほぼ一緒で、プラが薄くて縦に長いので
少しよれた感じになってます。

アラウンドビュー around view

早速見ていきます。
まずは武器を持たせず、台座のみ嵌めています。
フィギュアは組み立て済みなのでそのまま台座と合わせれば完成なので楽です。


金属部の光の反射と革具のマットな色調がベストマッチ。



ポーチにベルト、防具のシワも素晴らしい造形です。



サイドから。


真横から見ると少し威圧的に見えます。
でもカッコいい。


武器を持たせた状態がこちら。

マジでかっちょえ~(*´Д`)

頭周り head

お次は頭周り。




ヘルムの頭飾りも意外と細かくできています。




やっぱり真横からだと少し威圧感が・・・
というか、こんな人に話しかけられたら怖すぎて逃げるレベル。




体周り body

続いて、もう少し装飾品を細かく見ていきます。




盾は大きな傷跡と使い込まれた感じの古傷が
リアリティあっていいですね。
個人的な欲を言えば、ダメージ痕は垂直じゃなく、
さらに縦ラインも左右どちらかに寄っていた方がよりリアルな
感じがして良いと思いました。



盾の裏側。
想像以上の作りこまれ具合。


ポートも若干、使い古された感が出ていてイイですね。



よくよく見ると、小さなポーチやら鞘やら、色々身に纏っていました。
劇中では全然気づきませんでした。
立体物だからこそ、より気づけるところですね。
フィギュアを楽しむポイントの一つだと思います。


短剣もキレイすぎず、汚すぎず。
ゴブリンスレイヤーさんがいつも手入れしているんだろうなぁ
と考えてみたり。




脚周り leg

脚の装備は太もも、膝、すねの3点です。



裏側はすね当を留めるためと思われるベルト。


上から眺めてみても、塗り分けがしっかりされています。


ズーム。よく見ると、細かいダメージ表現がされています。
ただキズが付いているのではなく、キズ部分の色わけもしっかりされています。




アルバム album

以下、アルバムになります。
















グッドスマイルカンパニーの培ってきた技術の賜物なのでしょうか。
はたまた、原型師の手腕なのか、これを低価格で販売できるのは正直驚きです。

間違いなくお勧めできるフィギュアでした。

また、比較画像を準備し忘れたのですが、大きさはそこそこ大きく重量もあって
装備をしていることもあり、一般的なスケールフィギュアよりも存在感があります。


★★以下画像をクリックすると、360度ビューページへ移動します★★

360度ビューページへ移動する




関連リンク

POP UP PARADE ゴブリンスレイヤー 公式サイト
POP UP PARADE 特設サイト


関連情報

2019/11/20
360度ビューページ追加。
2019/11/09
ページ作成。

» 過去ログ

サイト情報とか

管理人:ゆるり はどんな人?

フィギュアがないと死んじゃう病を発作。

紆余曲折を経て、やっぱりフィギュアが好きだと確信。
フィギュアには夢と希望が詰まっていると思います。
全てのフィギュアを平等に評価したいので、可能な限りリアル目線に近い写真になるよう心掛けています。