記録日時:2018/08/02 06:43

夏に向けてカビだらけのエアコンの掃除をした Part2「ファン編」


一週間前に、部屋に備え付けのエアコンのフィンを掃除しました。
しかし、部屋自体への影響として、臭いとカビの温床に直接影響があるのが
ファン部ということを知り、直後にファン掃除用の洗浄剤を購入していました。

平日に商品は届いていたので、2週連続でエアコン掃除を行っちゃいました。

ちなみに買ったのは前回と同様にショーワさんの「くうきれい」です。



近くのお店には洗浄剤に似た、防菌剤等しか置いておらず、また
あったとしても高いのでAmazon一択なのです。田舎者には選択肢はないずら。
ネットで検索すると大体この商品がヒットするので、ハズレではないでしょう。

フィン用で既にどういう商品か知っており、効果もかなりあったので
今回も迷わず「くうきれい」。

商品名もいいですよね、なんか。

さて、問題のエアコン ファン部ですが、前回の掃除の時に、手の届く範囲で
カビをふき取っていたのですが、改めて写真で奥のほうを確認してみると、
全然拭き取れきってなかったです。驚愕(((( ;゚д゚)))アワワワワ



こりゃぁひどいな。。。



ファンには謎の固形物が。。。オエェェェ('Д')



前回同様、スプレーをすると泡がもこもこもこもこ~~っと勢いよくたちます。
そしてしばらくすると、泡が液体になり(?)液がポタポタ垂れ始めます。


↑時間が経った状態。自重で垂れてます。

下には汚い液体がたまってゆく。。。
なお、液体受け袋は「くうきれい」に付属していたものです。
なんて便利なんだ!!

念のため前回使った袋を再購入していたのですが、必要ないくらい優秀でした。。。(´;ω;`)



時間がたったらもう一本のリンスで泡を飛ばすのですが、レビュー通りでリンス缶だけでは
とても泡と汚れを落としきれないので、これまた一緒に買っておいたピストル霧吹きで
めちゃめちゃにお湯をぶっかけまくりました(´・ω・`)



なんでも、カビは50度以上で死滅するとかなんとか。。
そんな記事を見つけたので、電気ケトルでお湯を沸かしてピストル霧吹きで
お湯かけまくりました。乾燥も水より早いので一石二鳥です。
しかし熱かったなぁ。



いろんな人のエアコン掃除レビューを見ましたが、改めて自分の部屋を掃除してみると
吐き気を催すほどの汚れ具合。。。
マンションが建った頃から使われ続けている04年製のエアコン、
マンションオーナーはクリーニングしてくれてなかったのでしょうか。。。

こちらはルーバーです。前回アルコールでふきふきしたのですが、
汚れが点々と付着していたので驚愕。
フィン掃除時に汚れが内部に残っていて、エアコン使用したときに飛んでいたんでしょう。。
つまり部屋にもこの汚れが飛び散っていたのか。。。(T△T)



今回ファン掃除をしましたが、想像以上に簡単で驚きました。
フィンの時は、外せるパネルを根こそぎ剥がして汗だくになりながら
苦戦して、結果キレイになったのか良くわからないという散々な結果でしたが
今回はルーバーを取り外すだけで、あとは壁とかに汚れを飛ばさないように
注意しながら掃除するだけだったので楽でした。

これなら年に1回できそうです。毎年きれいにしてれば1回あたりの負担が減りそう。
洗浄剤も高くないので今後は自分の健康のためにもお手入れしていきたいと思います。


自分の健康のためなら努力もお金も惜しまないのだ。

BlogのTOPへ戻る




ホームページTOPへ戻る